青柳に任せる=打て(前に転がせ)じゃないやろう?

昨日の試合結果をまだ引きずっています。

ビシエドに一本もヒットを打たせなかった、青柳投手。

それどころか、空振り三振(一回)、空振り三振(四回)、ピッチャーゴロ(七回)、見逃し三振(九回)と見事なビシエド封じ!

素晴らしかった!

あれだけ前の三回でビシエドを抑えていたら、救援に頼るよりは青柳で!完投で!となるのもわかる。

ベンチの矢野監督に

「お前に任せた」と言ってもらって送りだされた9回表1アウト満塁での場面

球場のファンはざわつき、お茶の間のファンも固唾をのんで見守りました。

ふむふむ、ベンチは青柳を完投させたいんやな。

この場面では棒立ちで結構、見逃し三振で、好調の近本に回るな

そう誰もが思ったはず。

ところが、驚くことに青柳は、一球目をファールします。

(げげっ!打つ気??)

二球目も空振りします。

(ええっ?!振って当たったらどうするん?!)

その心配通り三球目もスイングし、ショートゴロゲッツーで追加点が取れたかもしれない大チャンスは消滅します。

試合後の監督インタビューでも

 --九回1死満塁では

 「迷ったね。ただ俺の中では『青柳に任せたい』っていう気持ちの方がちょっと強くて。打撃も悪くないし。ただ、ああいう結果(併殺打)になっちゃうと。鳥谷を(代打で)出して点を取って、後ろのピッチャーに任すっていう方がいい選択肢も、もちろんある。それは起こってみな分からへん。結果から振り返ったら俺の反省としてはあるし、でも青柳に任せてやりたいっていう気持ちとの天秤」

「打撃も悪くないし」

と言っているってことは、ベンチが「打っていい」と指示していたんですね。

「お前に任せた」というのは、「打つのも任せた」という意味だったのですね?

確かに今の阪神には、ここぞという場面で打ってくれる代打の神様がいませんから。

代打を送らないのは問題ないと思います。

だけど、あの場面(1アウト満塁)では、「振るな」ぐらい言ってあげて。

(ベンチから)言われんでも(青柳の判断で)振らんといて!

いつぞやの藤浪みたいに満塁ホームランにでもならん限り、最終回まで投げるピッチャーがわざわざ塁に出て疲弊する必要もないんやから。

eye_catch_17546

これで次も青柳は中日戦に登板かな。

またこんな打席が回ってきた時は、頼むから振らないでね?

よろしく!

完投おめでとう!

そしてありがとう!

logo 阪神タイガースブログランキングに参加しています。

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2019 フリートーク

Posted by どらみ