中野はコロコロ(矢野)イズムを引きずってるね

あきらかに矢野イズムの後遺症やね

中野が今日の札幌ドームでの公式練習の後に取材を受けたらしく

そこで語っていることが「え?何時代の話をしてるの?」と違和感を覚えて仕方がなかったのですが

私だけですかね?

記事のコメントをチラッと読んだだけですけど、やはり私と同じ意見の人がいるみたいなので少し安心しましたが。

「セカンドを試合で守ったのは1年目入ってすぐの時(以来)だった。不安もあったけど、打球処理を普通にすることができた」とうなずいた。

「実際に(監督が)試合を見たか分からないですけど、セカンドもできるぞってところは見せていきたいと思っています」とアピールを誓う。

「複数ポジションをやれれば、もっと試合に出れるチャンスも広がってくる。チームに帰っても両方できるっていうのは、使っていただける幅も広がると思うので、とても良い経験ができている」

最後の「複数ポジションをやれれば試合に出れるチャンスも広がる」というのは

あきらかにコロコロイズムの後遺症やね。

彼がプロに入って最初の監督がコロコロやったから、すっかり矢野イズムが染みついてしまったんやろうね。

岡田さんはそんな選手を求めてなどいないんだから

現地点で取材に答えるとしたら

「チームに帰った後は、セカンドでもショートでも、チャンスのあるポジションでしっかり働けるよう、今はお手本となる選手もいるので、プレーを間近で見て勉強しておきたい」

ぐらい言っとかないとね。

輝明も、侍Jでは三塁と右翼の練習をしているとか耳にします。

輝明~!はよ秋季キャンプに戻ってこ~い!

岡田さんは、左投げ左打ちの前川右京をレフトからライトに守備位置を変えたというくらい

外野ならどこでも同じ、ましてや内野手ならサードもセカンドも同じなんて考えの人とちゃうからな。

あ~まとも過ぎて、来年が楽しみ。

なんでこんな普通のことが前監督も前々監督もまったくでけへんかってん!

もう、何回でも言うる!

一生言うたる!!

イラスト

怒ってんねんぞ!

私の「野球はプロの守備を見て楽しむ」という生き甲斐を奪った罪はでかいぞ。

ということで

ショートには小幡竜平以外、考えられへんねんな~。

今年も、もっと見たかったのに、あろうことか小幡を差し置いて高寺を起用してくるんやから、たまげるわ。

カントクの見る目のなさでいったい何試合落とした?

岡田さんから肩の強さを買われて、木浪がショートの守備練習についているけど

私はこの頃から木浪のショートの守備には疑問を持っている一人です。

まぁ、あれから抜きんでて上手くなっているっていうのなら、話は別やけど

総合点で絶対に小幡の方が上やと思うな。

どっちにしても、岡田さんが決めてくれるから安心してるけど!

岡田さんが決めたのなら、間違いないから。

でも私は小幡推し一択!

コロコロなら、どっちがよく打つかで、日替わりで起用するんやろうなw

あ~考えただけでゾッとする。

私からもコロコロ後遺症が抜け切れへん><

右投げ左打ちの功罪第8章

「かつてはメジャーと比べても右打者の比率が多かった日本だが、1950年代生まれ以降から右投げ左打ちが台頭し始めた」

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2022 フリートーク

Posted by どらみ