だからJFKはできた

7回、8回、9回。

リードしている試合で、終盤の3イニングに1イニングずつ登板するピッチャーと言えば

JFK

J(ジェフ・ウィリアムス)
F(藤川球児)
K(久保田智之)

が有名でしたね。

今でこそ、当たり前みたいに3人の抑え投手というパターンになっているチームも多いけれど、日本の球界で3人を1イニングずつ使うなんていうのは、JFKが初めてだったみたいです。

 とにかくああいう場面で使う投手は、プライドが高い。モチベーションいうんかな、それで投げるタイプやし、そういうものがないと抑えられんよ。さあ久保田行くぞ、最後は球児行くぞ、もうそうなったらあいつらには左も右も関係ない。
 プライドを尊重してやらんと。
 5、6回あたりで投げる投手は、左打者ならこの投手、右ならこの投手となる。それは本人も分かっている。けど最後の3人は違う。球児も最初は抑えやなしに、7回に投げさせてたんやからなあ。

引用:「オリの中の虎」岡田彰布著68ページ

日本一になった吉田監督も、岡田さんも、優勝を経験した監督さんって意気に感じさせる選手起用をしますよね。

84年に外野をやらされていた岡田さんを

「岡田はセカンドでっせ。日本一の二塁手になれまっせ」と言って、セカンドにコンバートしたのも吉田さんだったそうです。

 采配で、そしてグラウンド以外の場面でも、選手を奮い立たせるという気持ちを、吉田さんは持っていたよな。
 最下位になって辞めた87年も、退団の決まった記者会見で、
「これは解任でっか、辞任でっか」
 と記者の前で聞いたらしい。球団とすれば、辞任ということできれいに幕を引きたい。しかし吉田さんにも意地がある。クビを切るなら切れと。フロントの人間が仕方なく、
「解任です」
 と言って、言わせた吉田さんが納得してうなずいた、と聞いた。おれは辞任やったから、辞め方は人それぞれやと思うけど、吉田さんらしい話やなと思う。

引用:「オリの中の虎」岡田彰布著111ージ

なんかこのエピソードを聞くと、つい先月「辞任」したばかりの金本氏を思い出しますね。

あれは、やっぱり解任ですね。
けど、金本さんの場合、あと2年任期が残っていたので、契約期間中の解任となればその期間のギャラは支払われますから、監督を辞めても左団扇ってやつですかね。

 野球界には「ラッキーセブン」という言葉がある。
 だれが最初に言うたんやろ。なんでか分からんけど、ラッキーはセブンなんや。シックスでもエイトでもない。おれはずっと不思議やったけど、ラッキーセブンなんや。
 負けていて、7回に1点も入らんかったら、まあ50パーセントはもうあかんなって思う。1点でも入ったら、逆に70パーセントくらい、まだいけるぞって気持ちになる。
 試合の流れが、復活してくるんよな。
 でもこれは攻撃側からの言葉よ。7回に得点するチャンスが多い、ここで得点すれば試合に勝つ可能性が高い、だからラッキーセブンよ。
 それでおれは考えた。ということはラッキーセブンにならんかったら、勝てない、負けるということやんか。守備側から言えば、相手にラッキーセブンを作らさんかったらええんや。
 相手の7回を0に抑えたら勝てる。守る側から言えば、ここで70パーセントは勝てるという形にすれば、8回に80パーセント、9回には90パーセントくらい勝てるという気持ちで3人目の抑え投手を出せる。この数字はそのまま、相手の負ける確率という数字になっていく。
 ラッキーセブンを作らさんことで、終盤の3回をあきらめさせる。

引用:「オリの中の虎」岡田彰布著70ページ

今年の阪神、ラッキーセブンに得点できることが少なかったですね。
具体的な数字を見て言っているのではないので、確かなことではありませんが、ジェット風船だけが空しく夜空を彩っていた、そんな印象が多く残っています。

eye_catch_15562

月刊タイガースのWebアンケートで10月に人気選手投票があったそうで、その結果が12月号の紙面に載っていました。

男性の選んだ1位は 鳥谷選手 209pt
女性の選んだ1位も 鳥谷選手 259pt

男性の選んだ2位は 藤浪選手 112pt
女性の選んだ2位は 糸原選手 211pt

私も企画があったこと自体知らなかったので、有効回答人数はわずか639人(男性254人 女性385人)ですが

それでもやっぱり1位は不動の鳥谷選手だったんですね!
なんだか嬉しいです☆

こんな人気のある選手を、ほとんど試合に出さずにベンチに残したままだった金本監督はいったいどういうつもりだったのでしょう。
1年間、フルイニングで出せ!とまでは言いませんが
それでも、北條選手が故障で離脱した後は、どう考えても鳥谷選手がショートを守るべきだったんでは?

ファンが喜ばない野球に向かって執念まっしぐら!でしたよね。

男性ファンが大山選手を5位に選んでいるのに対して、女性ファンは12位なのもわかる気がする(笑)

logo 阪神タイガースブログランキングに参加しています。

【あとがき】
月刊タイガース12月号の「チームメートに聞いてみよう!!」は島田海吏選手ってどんな人?でした。

坂本捕手に聞いても、熊谷選手に聞いても、島田海吏選手は「うなぎに似ている!」と言っています(笑)
そしてタイガースで一番「アホ」で「天然」で「抜けて」いるキャラクターみたいです(私以上に言いたい放題やなw)

なんか来シーズンは背番号53番を見るたびにうなぎを思い出しそうでヤバいです。

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2018 ロスシーズン

Posted by どらみ