CSファーストステージ勝っちゃった

横浜DeNAベイスターズ,横浜スタジアム

横浜DeNAベイスターズの皆さんごめんなさい、勝っちゃいました。

まさか、逆転勝ちするなんて思ってもいなかったんですよ。正直言って。

横浜スタジアム 14:00~3時間19分

logo_db_mDeNA 2-3 阪神logo_t_m

スタメン

  1. (遊)中野 拓夢
  2. (二)北條 史也 → 熊谷(走三) → 湯浅(投)
  3. (中)近本 光司
  4. (右)大山 悠輔 → 左 → 一
  5. (一)原口 文仁 → 江越(左)
  6. (三)佐藤 輝明 → 右
  7. (左)陽川 尚将 → 小幡(二)
  8. (捕)梅野 隆太郎
  9. (投)才木 浩人 → 浜地(投) → ロハス.jr(打) → 岩貞(投) → 西純(投) → 糸原(三)
  • DeNA(投)濵口 遥大
  • 劇的でしたね。

    最後の湯浅のアツアツの一球!

    9回ウラ一死満塁絶体絶命の大ピンチでコロコロ監督が(書いていて面白いw)マウンドへ。

    何やら湯浅に告げてベンチに下がった直後の1球ですよ。

    セカンドゴロで4-2-3のダブルプレーでゲームセットって。

    DeNA ファンのガックリ感は相当だったでしょうね。

    心中お察しします。

    逆に湯浅の度胸に感服します。

    まぁ色々ありましたね。

    3回にライト大山のエラーや、才木の暴投で2-0になった時は、90%ぐらいの確率で負けると思ったよ。

    もうこんだけ守備位置をコロコロしてりゃあ仕方がないやん、と。

    それがコロコロ野球なんやから、相応しい終わり方やん、と。

    なにが初戦を勝利したチームの勝率が8割超えやねん。負けるやないかい!と一人で突っ込んでいましたw

    何しろ打ちませんから。

    ところがそんな意気消沈した4回表に奇跡が起こります。

    この3試合いいとこなしだった輝明の2打席目。

    1球目に打ち放った打球がスタンドにギリギリイン!

    これで1点差。

    この一打でなんか起きそうな気配がまた漂い始めましたね。

    まだ持ってた、、、輝明w

    そして6回

    コロコロ監督のお気に入り北條選手がこのCSでもやってくれました。

    ツーベースヒット!← 打つかぁ!( ゚Д゚)

    そして近本に送りバントを指示するも2ストライクになってヒッティングに切り替えたら大当たり

    そんなうまい話し、ある~?

    そして4番の大山にも送りバント指示

    ここで「よし、大山は送りバントなら大丈夫や」(と、私の心の声w)

    そしたら見事1球で失敗しよった! ← 大山!持ってなさすぎ!ヤクルト戦で挽回せよ!

    でも、ペナントならこれでジエンドなはずの阪神打線なのですが、原口がタイムリーを打って逆転に成功。

    うっそー-----!!!

    eye_catch_15859

    どうするん!勝ってしまうやん!

    その後、二死1塁の場面でまだ陽川が打席に立ったのは気に入らんかったけど

    なんであそこでマルテを使わんかったん!

    陽川担ぎすぎ症候群と名付けよう。

    まだまだコロコロ政権では出まくるで~!

    今日で見納めやと思ったのに、またこの後3試合も見届ける羽目になってしもたやん。

    いつ終わるねん・・・_| ̄|○

    でもやっぱり真剣勝負を観るのは楽しい!

    プロ野球はDAZN
    DAZN

    今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
    にほんブログ村

    2022 クライマックスシリーズ

    Posted by どらみ