金本チルドレンだった高山も金本に潰されていたの?

高山俊外野手(25)といえば、2016年のシーズンに新人王に輝いた選手です。

それが、2017年、2018年と成績が振るわず、今年の契約更改では600万円減の年俸3200万円でサインしたと報道されていました。

「思うことはたくさんありますけど、体制も変わりましたし、来年は自信はあります。もうそれしかないです」

たくさんの「思うこと」は何なのか私にはわかりませんが

この高山選手も、鳥谷選手同様、金本監督に芽を摘まれてしまった一人ではないでしょうか。

eye_catch_15543

 D1位で入団した2016年の春季キャンプは2軍スタートも、掛布2軍監督から「スイングがきれい。想像を超えていた」と絶賛された。同年に打率・275、8本塁打、65打点で新人王。だが、シーズン終了後に金本監督から“20本塁打指令”を受け、長打力も兼ね備えようとしたが、つまずいた。

引用:SANSPO.COM

これが本当だとすると、ホームラン量産を指示され、フォーム改造のあげく打てなくなった、まるで2016年の鳥谷さんじゃないですか。

記者も大っぴらには言っていませんけど。

「自分の中で今シーズンとか去年とは違うのは、その方向性を定めていけるというのが一番強い。僕もこれで勝負できるかなというのがある」

という高山選手の言葉の端々ににじみ出ています。

きっと個々の選手には、持っている長所と短所があるはず。

その長所を活かす練習が出来れば試合でも結果が出せるはずです。

短所をなくせとは無理な注文。

やっぱりチームが勝つか負けるかって指導者次第だな、としみじみつくづく感じる昨今です。

鳥谷選手も、現役の名球会メンバーとして、先日のイベントに参加した際、す・またんの取材に答えてくれていましたが

そのまなざしからはショートとして再挑戦する意欲がみなぎっていました。

きっと彼ならやってくれるはず!

15024_01

来シーズンが楽しみで楽しみで仕方ありません!

これは金本さんが監督を引き受けた年とはまるで違う感想ですね。

logo 阪神タイガースブログランキングに参加しています。

【あとがき】

広島の丸選手もオリックスの西選手も、そのまま元の球団に残ってプレーしてくれるといいな、と思います。

FA移籍って獲得まではチヤホヤされるけど、その後の待遇はやっぱり生え抜き選手とは違うなと思うので。

私が家族なら「残って」ってお願いするかな。

大和選手が移籍するとわかった時の喪失感たるや尋常ではありませんでしたが

1年経って、敵チームとしてプレーをする姿を見るとやはりファン熱は冷めますね。

やっぱり阪神にいてこその大和選手でした。

大和選手がセンターにいると、抜ける気がせんかったもんね。

帰ってきてくれたら、また応援するよ!!

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2018 ロスシーズン

Posted by どらみ