鳥谷選手の阪神入団秘話

2003年ドラフト自由獲得枠

鳥谷敬選手といえば、2003年のドラフト自由獲得枠で阪神に入団したことは有名です。

今は「自由獲得枠」という制度はなくなりましたが、2003年に鳥谷選手同様、自由獲得枠で巨人に入団した内海選手がFAの人的補償で西武に移籍したニュースは記憶に新しいですね。

同じ年に、糸井選手も日本ハムに自由獲得枠で入団しています。

ちなみに、福留選手の時代は「逆指名制度」があり、中日を「逆指名」してドラフト1位入団しています。

金銭面の問題など、グレーな裏の部分はあったようですが、何はともあれ、自由獲得枠があった時代に鳥谷選手がいてくれて、阪神に入団してくれたことは喜ばしいことです!

岡田元監督と鳥谷敬

岡田元監督といえば早稲田大学出身です。

プロ野球の一軍監督になると自動的にスカウト登録されるそうですが、岡田氏は二軍監督としてプロ野球では初めてスカウト登録されたそうです。

2002年に早稲田大の和田毅選手の獲得を狙っていましたが、この当時は、各球団があの手この手で暗躍しており、途中からソフトバンクの影がどんどん濃くなってきて、最終的に持っていかれてしまった、という経緯があります。

以下は岡田氏の著書からです。

 翌2003年に私は一軍の内野守備走塁コーチになったが、この年も早稲田大に鳥谷敬がいたこともあり、引き続きスカウト登録をしていた。夏場にはチームが10ゲーム近く差をつけていたこともあって、オールスターが終わったころからは東京遠征のたびに私一人で先に上京して、鳥谷と会って食事をしたりしていた。現場の人間は普通、一軍監督以外はスカウト活動ができないが、私はスカウト登録をしているので、誰からも咎められる立場にはない。
 鳥谷の時は、彼の保証人が私の1期上の先輩だった。それに出身校である聖望学園高の岡本幹成監督も、阪神ファンで私に憧れていたという縁があって、よく知っていた。
 岡本監督の出身校は桜宮高となっているが、彼は最初は私の母校である北陽高の野球部に在籍していた。私に憧れて北陽高に入学したらしいが、部員数が多くてレギュラーになれないと思い、1年で辞めて桜宮高に転校した。その時の桜宮高の監督だったのが、のちに東北福祉大の監督になって、金本や矢野らを育てた伊藤義博さんだ。岡本監督は伊藤さんのあとを追って東北福祉大に進み、同校でコーチをしてから聖望高の監督になっている。そのときに聖望高に入ったのが、鳥谷だ。私と鳥谷の周りの人とは、そういうつながりがあった。だから和田のときよりも、もっと話は進めやすかった。
 鳥谷を巡っては、巨人との一騎打ちだった。巨人も攻勢をしかけていたようで、原辰徳監督とも会っていたと鳥谷自身が言っていた。最終的に関西に縁のなかった鳥谷が阪神を選んだのは、鳥谷を早稲田大に入れた保証人や、高校の監督らが私とつながりがあったということが、もっとも大きな要因だろう。ここまで絞り込んだものではなくとも、人間関係を築くということがスカウトには大事なのだ。

引用:「そら、そうよ」岡田彰布著119ページ

今となっては経緯がどうであれ、鳥谷さんが阪神に来てくれたこと、そしてFAで海外に行かず残ってくれたことに強い縁を感じずにはいられません。

見なれたタテジマのユニフォーム以外を着てプレーする鳥谷さんの姿は想像できませんしね。

しかし阪神一筋だった岡田元監督は、最後はオリックスで2年間選手時代を送り、引退されました。

その辺りに興味のある方はこちらの記事をどうぞ。

大物ルーキーの取り扱い

鳥谷選手が入団する前年度2003年、阪神は優勝をしています。(星野監督)

そんなチーム事情の中で2004年、岡田監督が就任します。

自分がスカウトとして獲得した大物ルーキー鳥谷選手をどう使うのか、難しい面もあったそうです。

その辺の事も著書に記されています。

 Bクラスにいるチームなら、育てていく名目でなんの問題もなく試合に使えるのだが、鳥谷が入る前年の03年に阪神は優勝して、鳥谷と同じ遊撃の藤本敦士は、規定打席に達して3割を打った。私は04年から監督になったが、優勝した年は内野守備走塁コーチだったので、よけいに複雑な気分だった。
 しかしあのときは、近い将来、1~2年先に内野はこうなっているという青写真が、私の頭のなかにあった。そのために1年目から経験を積ませないといけないので、開幕から鳥谷を使った。
 藤本を外して鳥谷を使うことに当然、批判的な声もあった。しかしそんなことを気にしていては、チームはつくれない。新しい選手を起用すると打てない、守れないなど、多少のリスクはある。それでも試合で使っていかないと、選手は育たない。私は先のことを考えて、チームを編成していた。そういう声に対しては、1~2年後を見ていろという思いだった。
 新人の鳥谷には経験はなかったが、打撃にも守備にも、持てる能力は間違いなく高いものがあった。藤本は8番打者で、最終的な数字を見れば規定打席に達して3割を打ったのは評価すべきことだが、守備走塁コーチの私の目から見ると、遊撃では目一杯だった。ただし、二塁なら、いけると思っていた。両方が生きる道を選ぶには遊撃・鳥谷、二塁・藤本がベストだと、私は判断した。
 04年はポジション変更の過渡期だったが、1シーズンを経験して鳥谷に使えるメドが立った05年に、鳥谷を遊撃に据え、藤本を二塁に固定した。そのことで、二塁の今岡を三塁にコンバートすることができた。足の遅い今岡は、二塁での打球処理に難があった。それに今岡は、鳥谷、藤本と違って、打撃が優先の選手だ。二遊間に比べて守備の負担が軽い三塁に移ったことで、今岡の打撃に好影響が表れ、内野全体にもいい相乗効果が出た。
 私が阪神の監督になったときに考えていたのは、内野の布陣と3人のリリーフ投手をどうするか。各選手の適性を見極め、適材適所に上手く選手を当てはめていくことで、結果的にどちらも成功し、05年の優勝につながった。

引用:「そら、そうよ」岡田彰布著175ページ

5年契約最終年の2019年

2016年からの3年間は遊撃のポジションを追われ、三塁や二塁を守って来た鳥谷選手でしたが、来季からは遊撃に再挑戦するというニュースは大きく取り上げられ、鳥谷ファンは期待に胸を膨らませています。

掛布SEAがMBSラジオの公開収録で「いま」の鳥谷さんのことを語っていました。


今の阪神にはまだ鳥谷さんの力が必要だと感じています。(私は!)
北條選手と五分では試合で使ってもらえないでしょう。

でも、掛布さんが言うように

解説者
矢野監督が鳥谷と心中するくらいの気持ちでやればおもしろいんじゃないかな

心中してください。
それぐらい掛けに出てもいいです!(私は!)

あとがき

FA移籍した西投手の人的補償で、竹安投手がオリックスに行くことになりましたね。

竹安投手といえば、2016年のドラフトで金本元監督が青田買いをして温めてきた前途ある選手だけに、失ったことは痛手でしかありません。

まぁFA制度がある限り、こういったケースはなくならないでしょうから、新天地で頑張ってください、としか言いようがありませんよね。

これが鳥谷選手だったりしたら、マスコミは大騒ぎしているんでしょうけれど(私も騒いでます!)

今年も残すところ1週間になりました。

このところ自分の時間がまるでなくて、今日は5時に起きてPCの前に座ったのですが、3Fで寝ていた4歳児が枕元のプレゼントに気づいて6時台に目を覚まし、母親の寝ている2Fを通り越し、1Fの私のところへプレゼントの包みを持ってやってきました。

で、その後は0歳児も起きて私は抱っこ要員で、母親はプレゼントのおもちゃで4歳児の遊び相手をさせられている状態です。

結局、この記事も3日がかりでやっと完成。

実は4歳児を寝かしつけた後、夜中に一度起きて記事を書いていた日もあったのですが、背後に何度も人の気配を感じて、怖さのあまり、パソコンの電源を切るのも忘れて一目散に寝室に逃げて行き布団をかぶって寝た日もありました。

それ以来、夜中に仕事部屋に一人で籠ることができなくなってしまっています(笑)

来年の私はいったいどうなっているのでしょう・・・ね。

eye_catch_15869

早くキャンプインしないかなぁ!

logo 阪神タイガースブログランキングに参加しています。

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2018 ロスシーズン

Posted by どらみ