「鳥谷3カ月ぶりスタメン起用の真相」を聞いて

こやぶる!の月間!矢野総括での話

スタメン発表で甲子園球場が沸いた日でした。

鳥谷3カ月ぶりスタメン起用の真相

この日の活躍は記憶に新しいというか、忘れられないというか、4打数2安打で、なんといっても守備での貢献度はまったく衰えを感じさせませんでした。

4打数2安打&攻守で貢献

でも、なんで3カ月ぶりにトリさまをショートの先発で起用したのかも謎でした。

あれだけの活躍をしたにも関わらず、翌日にはベンチスタートだったから余計にです。

どうして起用したの?

こやぶる!での矢野監督の答えは・・・

矢野監督はなぜ鳥谷を起用したのか真相が聞きたい

今で言えばトリの「見えない力」が一番大きい

フルイニングで試合に出続けている時から、ずっとやっている練習は今も全く変わらない

ノックの受け方や試合前の準備の仕方も同じ

若い選手はそんな鳥谷選手をみて「鳥谷さん、こんな準備してるんや」と感じる

(フルイニングで)出ている時も出ていない時も両方見ている選手はすごさが見える

3カ月ぶりのスタメン出場の時も守りの時にマウンドに行ってピッチャーに声をかけたり

姿勢で見せてくれる

しゃべってってする選手ではないけれど

行動とか姿勢でやってくれる選手

だから?

答えになっていなくて、核心部分がぜんぜんわかりません。

そんな後輩の模範になる選手ならずっと使えばええ話やん?

「だから、ポイントでトリにいってもらおうと・・・」

あの日はそういうポイントやったの??

本当はそうじゃないよね

球場で鳥谷選手のユニフォームを着ているファンが多いですね。

と振られて「ファンの視線が刺さる」「もっと使え!って思われてる」なんて言ったのもただの社交辞令でしょう。

鳥谷ファンの視線がボクに厳しい時もある

鳥谷選手をもっと使えよ!

本当は、下の記事にある通りですよね。

もう、鳥谷さんをレギュラーで起用するつもりはないから、たまにファンサービスで出しておこうってところなんでしょう。

プロ16年目の今季は46試合出場で打率1割9分1厘、本塁打&打点0(8日現在)の鳥谷敬内野手(38)への球団としての対応も決まるはずです。年俸4億円の5年契約が最終年を迎えた鳥谷は引退か現役続行か…。もう残された時間は多くはありません。
 鳥谷敬内野手は来季も戦力なのか-。
一見、スカウト会議の招集は鳥谷の去就とは全く別次元で、関係ないように思えますが、そうではありません。獲る選手の傾向を決める、人数を絞ることは戦力外か否か…の人数、具体的な名前を決めることに直結します。なので鳥谷の去就決断のカウントダウンの始まりと言っても言い過ぎではないのです。
 鳥谷は8日現在、46試合に出場して打率1割9分1厘、本塁打&打点0です。プロ16年目の成績は本人の意思とは違う軌道を描いているでしょうね。今季で年俸4億円の5年契約は最終年です。昨オフ、契約更改を終えた会見で「野球が続けられるのか、辞めなきゃあいけないのか、(2019年は)大事な1年になる」と話していました。今年は春季キャンプで遊撃復帰を目指して、北條や木浪らとのポジション争いに挑みました。その途中経過が打率1割9分1厘です。

 もし、球団が来季戦力とは考えないのなら、どうするのか? 鳥谷は球団の功労者です。2005年のリーグ優勝にも貢献し、通算2079安打を記録しています。当然ながら本人との話し合いになるでしょう。そこで現役続行を選択するとなれば、年俸の問題がすぐに出てきます。4億円からの大幅減俸となれば選手の権利としてフリーエジェント(FA)を選択して他球団でのプレーも考えられます。しかし、現状の力で他球団が獲得に動きますかね。普通に考えれば厳しいでしょうね。大幅減俸を受け入れた上で生涯トラを選択するとしても前途はイバラの道です。来季は2軍でプレーする…という将来像を甘受できますか。
 常識的な流れを見るなら結論はひとつです。

引用元:引退か現役続行か…鳥谷(サンスポ)つづきはこちらから

阪神が現在の位置に低迷しているのは、トリさんのせいじゃないし。

カントクが守備を軽視してやってきた結果やし。

2017年には球団一の打率を残してサードでゴールデングラブ賞まで獲ったのに、去年からは大山のためにサードを明け渡して、それでチームの守備力が落ちたんやん。

ショートにソラーテを守らせるカントクやから、もう言っても無駄なのはわかってるけど。

私は今でも、ショートを守らせたら阪神でトリさまに勝てる選手はいないって信じていますから。

今日も下手くそな選手がショートを守って失点しまくってるし。

あ~あ、嫌なチームになったもんだ。

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2019 フリートーク

Posted by どらみ