「なんとかせなあかん」のは監督さんちゃいますか?

「打者が打たなかったから負けただけ」

矢野監督が昨日の試合を振り返って記者に放ったそうですが、ものすごく違和感を覚える言葉です。

打者が打たなかったから負けただけですか?

監督の選手起用、監督の采配は正しかったんですか?

そんなアホな

って思います。

なんで打たないってわかってるような選手をクリーンアップに並べたんです?

そのせいで、二遊間はもちろん三塁にすら球を転がせられないバッテリーの負担って大きいんちゃいますか?

うちの内野守備がどんだけ下手くそか自覚してます?

それでも攻撃型のオーダーとか言って、あのクリーンアップですか?

攻撃するどころか攻撃の芽を摘んでますやん。

なんでマルテもソラーテもって両方をスタメンで使おうとするんでしょう?

今やったらソラーテより北條の方が打つ可能性が高いと感じますよ、北條ファンでもない私ですら。

日本人の野手たちは必死なんですよ

競争競争って言われて、ちょっと不振になると代えられて、いつまでもレギュラーになれず、そんな中で大山だけはいっつもスタメンで4番で。

その大山が4番の仕事をしないからって、途中で外国人を連れて来て、また守備位置の競争が激しくなって、同時に守備がもろくなって失点だけ増えて、期待したほど点も入らなくって負けてって。

チームが優勝したからって、自分が試合に出ていなきゃ年俸アップは望めませんからね。

みんなプロ野球界で生き残るために命がけでやってるんですよ。

それが、監督の采配一つで変わってくるんですから。

打てない野手のせいじゃなく、打てない野手をオーダーに並べた監督のせいでしょう。

せっかく島田 海吏や植田 海といった俊足の選手を代走で出しているのに、足で引っかき回して1点をもぎ取りにいく作戦ってありました?

ただ、先頭打者が塁に出たら、次の打者にはバントのサイン。

近本が塁に出たって、次の打者には送りバントのサイン。

面白ないねん!

3割打者だって1試合に打てるヒットなんてたかが知れてる

もともと、3割打者さえいないチームで誰に何を期待しているのでしょう?

3打席凡退してたって、ここぞ!って時にさえタイムリーが打てればいいんです。

それだけで言うなら、北條や木浪や糸原の方が必死ですから、マルテやソラーテや大山より打ってくれそうな期待が持てます。

糸原からは「なにくそっ!」って気持ちが伝わってきます。
それ以外伝わってこないほど伝わってきます。

ソラーテが加入して、大山は安泰なのに自分は守備位置を明け渡させられたんですからね。

大山 > 糸原、ソラーテ > 糸原 ってそう言われてるってことですもんね。

前に打球を飛ばしても、一塁までチンタラチンタラしか走らないマルテやソラーテより、アウトと分かりきっていても、北條や木浪や糸原のような全力疾走を見る方がよっぽどスカッとします。

大山にも打たなきゃならない責任があるんなら、責任を果たせなかった翌日はベンチに下げて、糸原にサードを守らせてあげたら?

なんで大山だけは凡退しようがエラーしようが、スタメン確約されてんねん。

いつまでソラーテやマルテに期待してんねん。

残り何試合あると思ってるん。

そんなことしてるうちに、せっかく芽を吹き始めた生え抜きの日本人野手たちがしぼんでしまうわ。

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2019 フリートーク

Posted by どらみ