あんな走塁をしていたら優勝はできない

中日ドラゴンズ, 阪神甲子園球場

7月17日 (金) 阪神 vs. 中日 4回戦(22試合目)

甲子園球場 18:00~3時間4分

logo_t_m阪神 4-1 中日logo_d_m

先発オーダー

  1. (右) 糸井 嘉男
  2. (二) 糸原 健斗
  3. (左) サンズ
  4. (三) 大山 悠輔
  5. (一) ボーア
  6. (捕) 梅野 隆太郎
  7. (中) 陽川 尚将
  8. (遊) 木浪 聖也
  9. (投) 青柳 晃洋

中日 先発投手 大野 雄大 (31)

試合

赤星さんのお叱り

久しぶりに先発を入れ替えたタイガース

近本がとうとうベンチスタートになりましたね。

代わりに出たのが陽川

結果的には追加点に繋がる1安打が7回に出たので、これでまた江越の出番が減ってしまったかな。

それより今日の注目点は、糸原の走塁でした。

1アウトランナー1、2塁で糸原がタイムリーを放った3回ウラ

その後、中日サード溝脇の悪送球で、ランナー2、3塁

(3塁ランナー糸井、2塁ランナー糸原)

サンズの打球は右中間へのヒット!

そこで2塁ランナーの糸原は、打球の行方を見ながら一度セカンドベースに戻ります。

タッチアップに備えたつもりだったのでしょう。

だけど、ABCで解説していた赤星さん曰く

「あれは絶対に許してはいけません。ちゃんとコーチが注意しないと」とお叱りでした。

なんとかホームでアウトにならずに済んだからよかったという問題ではなく

「ああいう走塁をしていたんでは絶対に優勝はできません!」とキッパリ

「あの打球の行方はハーフウェイで見届けないといけません。仮に捕球されても十分タッチアップもできます」

試合終了後のヒーローインタビューで、糸原がその件について言及しなかったことも気にかけておられました。

3安打したことを喜ぶ前に、あの走塁を反省しなければいけないと。

ちゃんとコーチは指導しているのでしょうか。

(-_-)ウーム

赤星さん、守備走塁コーチお願いしたいです。

守備のベテランなき後、タイガースの内野は穴だらけな気がします。

ボーアの走塁w

6回ウラ1アウトランナーなし 右翼線長打コース 迷わずセカンドを狙うボーア

しか~し完全にアウト!(笑)(笑)(笑)

セカンドベース上では京田と衝突

巨漢にたじろぐ京田

けがをしなくてよかった → 京田選手が

それにしても脚、遅ッ!

滑り込みぜんぜんできてないしな(笑)

なんであんなコミカルなの

試合を観て笑えるなんて稀少な選手だわ

eye_catch_15056

あとがき

やっと私の大好きな中谷選手が上がってきました!

残念ながら、今日は結果は残せませんでしたが、外野の守備が一層固められますね。

っていうか、髙山が落とされたんや・・・

捕手も3人になってるし、これで原口をチャンスで使えるね。

そういえば赤星さんが、外野の守備位置についても言及されていました。

いつも植田が代走などで出た後、守備に就くと「センター植田、レフト近本」になりますが

今日は途中から出た近本がセンターに入り、それまでセンターを守っていた陽川がレフトに代わりました。

なんで?と。

それなら、陽川がセンターで近本がレフトの方が守備がしっくりくるのではないかと。

近本のセンターは決して上手くないですからね。

いろいろ、赤星さんの話がしっくりきた どらみ でした。

今日の鳥谷さんは出番なし

また躍動する姿を見たいです!!!

それでは、また。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2020 セ・リーグペナント

Posted by どらみ