ガンケルにあげたかった1勝

横浜DeNAベイスターズ, 阪神甲子園球場

7回の攻守が試合を決めたかな

logo_t_m阪神 7-5 DeNAlogo_db_m

今日もショートの先発が木浪だったことと

打撃成績は 投ゴロ・投ゴロ・三ゴロ・一ゴロと4の0だったことも記録に残しておくことにして、とw

今のショートの起用って言ってみれば「どっちかバッティングの調子がいい方を使っている」風にしか見えないんですけど、ちゃいますか?

どっこいどっこいやから、最後まで競争や~!と言えば美しいですけど

結局、木浪も中野も規定打席には届かないまま今シーズンが終わりますよね。

最近は、そういう起用法が多いのか、規定打席に届く選手がものすごく少なくなってきた気がしますが

そしたら、また来年、新しい選手が入ってきて、新たな競争ですか。

監督が代わらない限り、そうなんでしょうね。

(´ヘ`;) う~ん・・・虎のショートはまた今年も決まりそうにないですね。

それにしても本日一番の盛り上がりは5回ウラの攻撃でした。

ピッチャーのガンケルが意地の2塁打ですよ!

1点リードされてしまったこの回

阪口の暴投でガンケルが同点のホームインですからね。

この回に逆転しなければ勝ち投手になれないって時にすごいじゃないですか。

それから糸原にヒット、陽川に四球で1、2塁

大山の打席で阪口からエスコパーにチェンジ、そして一塁手もソトから田中俊太(27)に代わっていました。

大山がライトフライに倒れて二死1、2塁のチャンスでサンズの打った打球はピッチャーグラウンドの前に高々と上がりました。

あ~あ内野フライで万事休すやん

と思ったら、落球してくれるんやもん。

捕球体勢に入ったのは一塁手の田中俊太だったので、田中にエラーがついてしまいましたが

あれはピッチャーのエスコパーが捕ればよかったんちゃうん?

ピッチャーってすぐに野手に任そうとするけど。

二塁ランナーの糸原が走っていたんで、落球した瞬間には逆転です。

けど、打ったサンズはほとんど走っていなかったからね。(もっとしっかり走れ!)

それでも、これで逃げ切ればガンケルに勝利投手の権利があるじゃないですか!

なのにねぇ

7回に再逆転されてガンケルの5勝目ならず・・・ですよ。

あの回の守備はライトのサトテルにもっともっと高い捕球技術を求めます!

今年はええけど

外野で守備が課題になると髙山みたく使ってもらえなくなるからさ。

最終的に打ち勝っても挽回できない投手の勝ち負け事情っていうのもあるし。

そして今日も大山は近本の好走塁のおかげで、おいしい打点1を稼ぎましたね。

あんな浅いフライで返ってこれるん、近本だけやで。

なんといってもサンズの2ランホームランが爽快でした!

マルテが陽川に途中交代したのでどうしたのかな?と思いましたが

心配はないみたいです。

火曜日からは今シーズン初のバンテリンドーム(旧名称ナゴヤドーム)

また代打福留にお目にかかれるでしょうか。

では、また明日~!

DAZN

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2021 セ・リーグペナント

Posted by どらみ