坂本誠志郎捕手の神キャッチを振り返る

巨人戦のサヨナラ負けを阻止した歴史に残る神プレー

皆さん覚えていますか?

9月24日の東京ドームでの巨人戦。

あの日の記事で私はショートの中野の守備を絶賛しましたが

コメントのお返事では少し坂本捕手のキャッチングにも触れたものの

あの神プレーは中野一人で成し遂げられるものではありませんでした。

必死にくらいついて捕りに行った中野

中野拓夢の好捕

死に物狂いで腕を伸ばしホームベースから離れずにキャッチした坂本

坂本捕手の好捕

中野はルーキーですよ。

あの緊張感いっぱいのシーンで開き直れる度胸がありますね。

そして1塁ベース方向に逸れた難しい送球を捕り難いキャッチャーミットで見事に捕ってアウトにした坂本捕手!

この一瞬のために彼は毎日練習を積み重ねてきたんですね。

決して正捕手ではなく、出番がない日だって多い坂本捕手。

梅野の陰になって、ベンチからの必死の応援が彼のしごとです。

虎メダルを考えたり、トレードで移籍する中谷や不調で苦しむ佐藤にアイデアいっぱいの励ましを贈ったり

彼はチームにとってなくてはならない存在なんです。

そんな彼のあの日の神プレーを紹介している記事がありますので、どうぞまだの方はご覧くださいね。

読むとウルウルと感動しますよ^^

さて、3連敗の後の3連勝

次は、順番から行くと3連敗?

さーて、どうなるのかな?

ひとつでも多くの胸を打つプレーが見られると嬉しいです。

では、また明日!

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2021 フリートーク

Posted by どらみ