2019年の阪神監督は矢野さんが有力?!掛布さんや岡田さんも可能性あり?!ヘッドコーチは誰?

いや~昨日は驚きましたね。

ええ

金本監督の辞任発表です。

前日(10日)のブログではこんなことを言っていたわたし

14823_01

甲子園でファンを何度も何度も失望させて、最下位にまでなって、金本さんがそのまま来期も監督を続けるわけがない。

そう思っていました。

自分だけが残ってコーチ陣を解任するなんて出来ないでしょうからね。

25日にはドラフト会議が待っています。

次の監督の擁立は急務です!

皆さんは誰になって欲しいですか?

eye_catch_14823

球団は矢野2軍監督に要請する方針を固めたってニュースになっていますが

阪神が11日、次期監督として矢野燿大(あきひろ)2軍監督(49)に就任を要請する方針を固めた。
金本知憲監督(50)が17年ぶり最下位の責任を取って、就任3年目の今季限りで辞任すると表明。球団は急きょ後任の選定を進め、16年から2年間はコーチを務め、今季は就任1年目でファームを日本一に導いた金本監督の盟友に再建を託す方向となった。

日刊スポーツから引用

16年、鳥谷選手が打撃成績を落としてショートのレギュラーの座を奪われたのも
元はと言えばその年監督に就任した金本さんのフォーム改造指導が原因だったのでは?

その実、翌17年は従来のバッティングに戻して、チーム1位の打率を残しましたしね。
そして3塁でゴールデングラブ賞にも輝きました。

そんなベテラン鳥谷さんに、金本監督はセカンドへのコンバートを指示したものの
どういうわけかシーズン2試合目には上本選手をセカンドの先発に起用します。

そこからは、鳥谷、鳥谷、上本、鳥谷、上本とベテランを出したり出さなかったりを続けながら
サードの大山は起用し続けます。

5月6日に上本選手が負傷して登録を抹消され
翌試合には、鳥谷選手がセカンドで先発したものの
次の日には、糸原がセカンド、植田がショートという「なんで?」な采配が始まります。

この時点で、とっくに糸原セカンド、鳥谷ショートでよかったわ!!!(心の声)

もともとスロースターターで、夏場に向けて調子を上げてくる鳥谷選手。
それでもシーズンが終わればチーム1の結果を残している選手。

少なくとも植田や森越よりは。

負傷して戦線を離れていくのは選手の責任。
1年間試合に出続けられなかった上本や北條より、やっぱり鳥谷さんを使ってもらいたかった。

結局、私は鳥谷さんが見たい。(ソレダケダッタリスルw)

赤星さんを失った(引退された)時に開いた大きな心の穴を埋めてくれていたのは鳥谷さんの活躍だったのに。。。

鳥谷さんを失いたくない、まだまだ。(ホンネ)

eye_catch_14385

logo 阪神タイガースブログランキングに参加しています。

もし矢野さんが1軍の監督になったら、2軍の監督は誰でしょうね?

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2018 フリートーク

Posted by どらみ