リプレイ検証導入でプロ野球は面白くなった?審判にもベストジャッジ賞とかゴールデン審判賞とか作って

今年はたくさんのリプレイ検証が行われましたね。

まだCSも日本シリーズも残っているから、何度か検証される機会もあると思います。

NPBで正式なリプレイ検証数と、成功数や失敗数が発表されていませんが(なぜ?)
個人で分析されたという結果を拝見する限りでは
2018年の金本監督のリプレイ要求数は一番少なかったけれど(多かったのはラミレス監督だとか)
逆に成功率は一番高かったのだそうです。

これは!

と思うシーンではちゃんとリプレイ要求をしてきた結果、ということでしょう。

eye_catch_14983

イチロー選手が言っていましたね。
メジャーで何度も1塁で打者走者アウトの判定を受けてきたけれど、この制度が初めからあれば、どれだけ安打数が増えたことか、って。

確かにそうだと思います!

ま、だけど新しい制度を導入するためには、検討期間も費用も掛かるのでやむを得ないと言わざるを得ない面もあります。

だ・け・ど!

日本のリプレイ検証は、費用は掛けていませんね!

ただのテレビ中継用に撮られた映像をスローモーションで再生して検証する(見てみる)だけですからね。

それでもないよりはマシですが、カメラマンだって打球の行方を瞬時に追い切れない時だってあるでしょうし
選手の守備位置によってはタッチプレイなんかは手元がよく見えない、なんてケースもいっぱいあります。

それに

え?

これはリプレイ検証してくれないの?!

というような場面もありますよね。

 6月29日のヤクルト-阪神戦(神宮)。七回1死二塁の守備で三ゴロを捕球した北條が、二塁走者の藤井にタッチをかいくぐられ、セーフの判定。阪神側は走者が走路から3フィート以上離れる「ラインアウト」を主張したが、三塁塁審は認めず、金本監督が求めた審判団による協議もなかった。
 セ・リーグ側は後日、「検証の結果、ラインアウトを取るべきだった。協議もするべきだった」と全面的に謝罪したが、なぜプレーの時点で協議が実施されなかったのか。

2018.8.11産経ニュースより引用

あと、よく主審によってはストライクゾーンが広いとか狭いとかも聞きますよね。

え?

なにそれ?

14983_01

全員同じにしてよ!

人間には無理なら、投球判定システムを導入してくれ!

出来るに違いない!!

ホームベース周辺には最低でもカメラやセンサーが複数台必要だ!(と私は思う)

審判だって人間、だからこんなミスだってやらかすんです。

システムに掛かるお金はどうするんだって?

そんなん、球団の無駄遣いをなくしたら出来るやろ!

あと、審判にもベストジャッジ賞とかゴールデン審判賞とか作って、表彰して欲しいな。

この間なんて、一人の1塁塁審のアウト判定が同一試合で3回も覆ったことがありましたよね。

リプレイ検証するぐらいだから、そりゃあ際どいプレイであることには違いないけれど3回はあかんと思うで。

もしこの制度がなかったら、試合結果が変わってしまいかねないほどの回数だよね。

来年はせめて中継用の映像だけじゃなく、ちゃんと検証用のカメラを追加して欲しいものです。

logo 阪神タイガースブログランキングに参加しています。


月刊阪神タイガース、早く届かないかな^^

Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5,000円以上のご注文にご利用可)となります。
14933_04

発売日に自宅へ配達してくれるのは楽しみ♪
Fujisan.co.jpで購読する↓
fujisan.co.jpへ

今日も応援ありがとう~! にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

2018 ロスシーズン

Posted by どらみ